夕陽丘予備校

少人数制で大学受験・進学をサポート!大阪 天王寺の夕陽丘予備校。先生と距離が近い。

資料請求
保護者のみなさまへ夕陽丘予備校の歩みアクセスマップサイトマップキャンパス アクセスプラザ
TOP|講師のご紹介

夕陽丘予備校の講師をご紹介

少人数制だから、先生が近い。授業が楽しい。

夕陽丘の高卒クラスで学ぶ生徒は約260名。教室数は大小合わせて12教室。
だから平均22名以下の少人数授業を保てるのです。
そこで展開する授業は、講師と生徒が一体となった、熱く楽しい授業。
講師が一人ひとりの顔や名前や状況を把握していくから、質問もしやすいのです。生徒同士もそうです。
いつの間にか友達の輪が広がり、次第にみんなが刺激しあい、励ましあって
合格へと突き進んでいくのです。

▼英語講師・アドバイザー
綾城 滋
自分でやる。自分で考える。自分だけの方法を見つける。結局これがすべてだ。その実感を得るために努力がある。
池田 康世
あせらず、着実に進んでいこう。お手伝いします!
河野 守
受験は長い人生の中ではほんの一里塚。短い間ですが、合格を目指して頑張る人に、粘り強く力を貸します。
小谷 征生
長いように見えて短い1年。だからこそ毎日の積み重ねがものを言う。消化不良を翌日まで持ち越さないように。
佐藤 雅史
努力は報われると信じよう!
清水 一成
さあ、今日も一日頑張りましょう。
長谷川 淳
山を歩くと雲が晴れ視界が急に開ける瞬間がある。英語が見えたという手応え。その瞬間に似てなくもない。
深尾 俊之
努力した人にしかわからない、合格の喜び。夢に向かって一緒に頑張りましょう。
松尾 充子
思い悩むより今を生きよう。今を大切に生きれば、明日の姿も見えてくる。目標達成まで、精一杯つき合います。
▼数学講師・アドバイザー
安東 玉姫
「やるぞ授業、さあこい質問!」でも燃え尽きないように気をつけます。
伊藤 喜則
大いなる精神は、静かに忍耐する。ともに頑張ろう!
小原 敬一
一度解けなかった問題がうまく解けた時の感動と喜び。それを味わうために思考力を磨きましょう。そうすれば合格は勝手についてきます。
角谷 真一郎
数学の勉強もスポーツと同じように繰り返し練習することが大切です。着実に一つずつ理解を積み重ねていこう。
片田 敏郎
数学の苦手な人、悩んでいる人、何とかしたい人、そんな人を救うのが僕の使命です。
川村 一彦
「やればできる」という精神論は大嫌いです。しかし、「意志あるところに道がある」というのは真実です。
多賀 みのり
数学的思考を身につけましょう。計算力も身につけましょう。お手伝いします。
森 顕次
受験勉強は根気がいるけど、単調な日々の積み重ねが大きなエネルギーの源になるのです。熱い気持ちを心に刻んで頑張ろう。
山澤 宏樹
数学は「やったら解けた」が理解のしるし。手を動かしてやってみたくなる。そんな授業を提供します。
▼国語講師・アドバイザー
池中 章浩
まずは目標を設定しよう!次に目標達成のために必要なものを授業で獲得してほしい。
内本 雅士
知る人ぞ知る予備校界の“人造人間セル”が現・古・漢すべてにおいて学費以上の授業を約束する。損はさせぬ!
太田 卓哉
さぁ、再生の時。キミの荒ぶる魂を僕に預けてみないか。国語がわかるのは君の自然な姿。君のポテンシャルを超合格へ高めよう。
岡本 アンヌ
熱い授業を楽しみに!わからない時は一人で悩んでないで聞きに来てください。
佐々木 友朗
いつでも、必ず文章が読めるようになる革命的な読み方を初歩からわかりやすく指導します。ぜひついてきてください。
鶴見 貴之
受験勉強の中でも楽しみながらできるのが現代文。すぐれた作品から、さまざまな物の見方・考え方を知り、分の中に吸収していきましょう。その力はすべての基礎となっていきます。
細川 博史
ちょっと真剣に“現代文”とつき合って見ませんか。結構面白いやつですよ。ただし、いろんなやつがいるので、つき合い方が問題です。そのつき合い方を授業の中で身につけてください。
松尾 五月
選択肢に迷ったら、必ず主題に戻ってみる。すると正解できる。実戦的読解を教えます。
道又 信一
出題者を想像し騙されないように。さまざまな人間が作る出題パターンには或る一つの方法が通用するわけではないのだから。設問アプローチと真の読解力をエンドレスに養っていこう。
森田 孝浩
何よりまず、講師のいうとおりにすること。次に、講師に名前を覚えてもらうこと。それで100パーセント受かります。
山下 俊彦
複雑な構成と抽象語だらけの現代評論。わかりにくければ分解して単純にしてやればよいのです。
▼理科講師・アドバイザー
和泉 克明
丸暗記に頼らない「物理」の問題解決実践法を伝授。どんな疑問にもとことんサポートしますよ。
井上 慶久
覚えることはもちろん大事。でも理解することがもっと大切です。
金子 和恵
未知の領域が無限に広がっているのが生物学や地学です。その神秘の世界への基礎だけでもやってみませんか。
西 秀久
化学は「なぜそうなるのか」がとても大切。その「なぜ」をわかりやすく解説していきます。
南 隆一
自分で読む、自分で書く、自分で判断する。講義はその羅針盤です。疑問点は放置せず、必ず講師に質問することが肝心です。
中川 聡
受験で必要なのは「解ける」ことです。解くのに必要な最小限の知識と技術を身につけていただきます。
中原 伸之
物理がわかると、世の中の理論やモノのしくみが見えてきます。私たちにとって身近な物理は、難しい学問ではありません。
▼地歴公民講師・アドバイザー
川野 真由実
歴史は楽しく学びましょう。そして楽しく覚えましょう。勉強疲れも吹っ飛びます。
下 政一
覚えるばかりが地理ではありません。地図・グラフ・写真などの読解・分析力がモノをいいます。センター試験で点の取れる、確実な基礎力を養いましょう。
田中 章人
焦らず、おちついて歴史の流れを楽しもう。こつこつ続けていれば「合格」にたどり着けるのだから。
土屋 麻子
暗記がつきものの世界史、それでイヤになっていませんか?世界史がラクになる本当の近道を授業でたどっていきましょう。
松永 紀彦
合否の決め手は君たちの好奇心。私の講義では知的好奇心を喚起させ、センターの公民に必要な知識とテクニックを伝授します。
森田 智近
地理は、受験用に詰め込んだ知識だけで解く科目ではない。君たちがこれまでの経験から得た知識を最大活用していこう。
安本 仁
地歴、公民という科目を強い味方にしましょう。そのためには正確な知識が必要となります。理解しやすく、覚えやすく講義します。
吉岡 章公
私たちは日々進化しています。世の中も大きな変革期を迎えています。受験日本史を通して未来を洞察する力を養いましょう。
ここをタップすると電話ができます
0120-007-468