少人数制で大学受験・進学をサポート!大阪 天王寺の夕陽丘予備校。先生と距離が近い。

資料請求
保護者のみなさまへ夕陽丘予備校の歩みアクセスマップサイトマップキャンパス アクセスプラザよくある質問Q&A
講座紹介

Subject

講師のご紹介講師のご紹介講師のご紹介キャンパス・アクセスプラザ
TOP講座紹介 - 数学講座
数学講座
数学に強くなる学習法は?

「数学にはかなり時間をかけて勉強しているのに解けない問題が多い」など、数学の学習に関する悩みをよく聞きます。定理や公式を丸暗記することに終始していたり、やみくもに難しい問題を解くことに多くの時間を費やしていたのではないでしょうか。高校の定期考査では定理や公式を覚えておけば、そこそこの点が取れたでしょうが、入試ではそうはいきません。入試で要求されるのはいろいろな知識を相互に関連付けて活用していく能力です。そこで大切になるのは「発想」です。問題を見たときに解法の糸口が頭にひらめくようになればしめたものです。この発想力を高めることがこの1年の課題となります。

カリキュラム内容

数学Ⅰ・A・Ⅱ・Bの全範囲を扱うのが「数学総合」。実力に合わせて3つのレベルを用意しています。テキストは前期・後期合わせて4段階のSTEPで構成され、扱う問題の難易を基礎から応用へと無理なく着実にステップアップできるように工夫されています。週合計5時間で構成される数学総合を軸に、文系では「センター数学」、「数学(Ⅰ・A・Ⅱ・B)の演習」、2次対策となる「阪大・神大実戦文系数学」「国公立大実戦文系数学」を、理系では「センター数学」、レベル別の「数学Ⅲ」、2次対策の「阪大・神大実戦理系数学」、「市大・府大実戦理系数学」を用意しています。

夕陽丘での数学対策

前期は学力のレベルに応じて入試に必要な基礎重要事項の総整理を行います。単に定理や公式をあてはめて解くのではなく、「理解」を重視した講義を展開し、基礎学力の定着を図ります。入試問題を解くためには、一つの解法だけでなく、解法のパターンを豊富にしておく必要があります。センター試験や私立大のマーク式試験では出題者の意図に沿って解答しないとなりません。また、記述式の国公立大2次試験では、解法の道筋を豊富にしておけば、効率よく解答できます。この2点を踏まえて、後期では論理的思考力や発想力を高め、入試実戦力を磨いていきます。

数学講座紹介